PR

 岡山県倉敷市に架かる山陽自動車道の倉敷高架橋で、橋桁の側面に設置した鋼板が落下しているのを通行者が8月13日に発見。同橋を管理する西日本高速道路会社は当初、鋼板を固定するボルトが破断していたことから、猛暑によって橋桁が膨張したことでボルトが破断して落下したと推定した。その後、調査すると、鋼板を膨張に対応できない形で設置していたことが判明した。

落下した鋼板(左)と鋼板が見つかった市道(左)の様子。鋼板を固定する5本のアンカーボルトが破断して落下した(写真:西日本高速道路)
落下した鋼板(左)と鋼板が見つかった市道(左)の様子。鋼板を固定する5本のアンカーボルトが破断して落下した(写真:西日本高速道路)

 同橋の約7m下を通る市道で8月13日午前6時40分ごろ、落ちている鋼板を通行者が見つけて発覚した。西日本高速道路会社の社員が現地で確認したところ、落下していたのは走行音が漏れるのを防ぐために橋桁の遊間部の側面に設置した鋼板だと分かった。鋼板の大きさは100cm×50cmで、厚さが9mm。重量は約35kgだったが、第三者への被害は出ていない。

 鋼板を固定する直径約12mmのアンカーボルトが破断して落下した。西日本高速道路会社は当初、連日の猛暑で橋桁などが膨張したことで鋼板が遮音壁の支柱を固定する金具に接触し、ボルトに負荷がかかって破断に至ったと推定した。このため、鋼板の落下が見つかった8月13日、類似した形で同橋に設置した鋼板を3カ所から撤去した。

 その後、西日本高速道路会社は鋼板が落下した原因を調査。取り付けた鋼板の可動域が、隣り合う橋桁同士の遊間量よりも短かったことが分かった。