PR

三井住友建設は住友大阪セメントと共同で、コンクリート橋の主桁端部に適用できる電気防食工法を開発した。陽極材と型枠を一体化して、狭い主桁端部に電気防食工法を適用できるようにした。橋梁を模した試験体を用いて、施工性と防食効果を確かめた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料