PR

 三井住友建設は住友大阪セメントと共同で、コンクリート橋の主桁端部に適用できる電気防食工法を開発した。陽極材と型枠を一体化して、狭い主桁端部に電気防食工法を適用できるようにした。橋梁を模した試験体を用いて、施工性と防食効果を確かめた。

 橋の主桁端部は、伸縮装置からの漏水や凍結防止剤に含まれる塩化物イオンの影響を受けやすく、局所的な劣化が進行しやすい。半面、主桁端部は作業空間が狭く、補修が極めて困難だった。

主桁端部の劣化メカニズム(資料:三井住友建設)
主桁端部の劣化メカニズム(資料:三井住友建設)

水や塩化物イオンが浸入しやすく、劣化しやすい主桁端部(写真:三井住友建設)
水や塩化物イオンが浸入しやすく、劣化しやすい主桁端部(写真:三井住友建設)