PR

清水建設は、内径30mを超える巨大な地下空間を非開削で構築する「SR - JP工法」の実用化にめどを付けた。東京外かく環状道路などの大断面トンネルに構築する地中拡幅部や地下鉄の駅舎部などに適用できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料