PR

 名古屋高速道路公社が建設を進めてきた高速4号東海線の六番北-木場間が11月に開通する。同公社は同月23日に開通式を開催する予定だ。同区間の完成によって、同公社が1970年の設立以来、整備を進めてきた81.2kmに及ぶ全線が開通する。

 同区間は名古屋市熱田区西郊通から港区木場町に到るルートで、延長3.9km。高架構造で、既存道との接続部として「六番南入口」、「同出口」、「港明入口・出口」を新設した。事業費は約630億円。

名古屋高速の全線図と新たに開通した区間(資料:名古屋高速道路公社)
名古屋高速の全線図と新たに開通した区間(資料:名古屋高速道路公社)

 高速4号東海線の全体事業費は約2200億円。全線開通のネットワーク効果によって、名古屋市中心部から半径60kmの範囲が車による移動で1時間圏内になる。その到達範囲は63市31町村、面積は7500km2に達する。同公社の試算によると1978年時点との比較で、1時間圏内の対象範囲は面積ベースで4.4倍に広がることになる。