PR

 東京都と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2013年12月、川崎市と東京都立川市を結ぶJR南武線を稲城市で約2.4kmにわたって高架化し、7カ所の踏切を廃止する。都が1992年度から進めている連続立体交差事業の一環で、05年10月までに高架化した約1.9kmを合わせると、約4.3kmの区間が全て高架になる。高架化によって、同市内の南武線の踏切は全てなくなる。

南多摩駅の西側に位置する谷戸川踏切。12月に除去する踏切の中で幅は12.8mと最大(写真:山崎 一邦)
南多摩駅の西側に位置する谷戸川踏切。12月に除去する踏切の中で幅は12.8mと最大(写真:山崎 一邦)

稲城市で連続立体交差を進める南武線の事業区間。12月に高架化するのは左側の約2.4kmの上り線(資料:東京都)
稲城市で連続立体交差を進める南武線の事業区間。12月に高架化するのは左側の約2.4kmの上り線(資料:東京都)