PR

政府は12月24日、「経済再生・デフレ脱却と財政健全化の両立」を掲げた2014年度当初予算案を閣議決定した。一般会計の歳出総額は、過去最大の95兆8823億円(前年度比3.5%増)に上る。一方で、14年4月1日の消費増税で税収が増えることから、新規の国債発行額は前年度より3.7%減らした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い