PR

飛島建設は、京都大学大学院工学研究科の塩谷智基特定教授、日本大学理工学部の小林義和准教授と共同で、打音検査を実施しながらコンクリート構造物内部の健全性を診断できる「打音検査方式弾性波トモグラフィ」を開発した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い