PR

 首都高速道路会社は1月27日、建設中の中央環状品川線に関し、大橋ジャンクション(JCT、目黒区)の地下分合流部の完成状況を報道陣に初公開した。同社は同月20日に、中央環状線の全線開通を3月7日土曜日の午後4時と発表している。今回、報道公開した現場では、全線開通に向けたカウントダウン開始のセレモニーも行われた。

首都高が大橋JCTの地下分合流部で開催したセレモニーでは、菅原秀夫社長がカウントダウンの電光表示板を除幕。首都圏3環状道路で初の「リング」となる路線が、約1カ月後に全線開通する(写真:日経コンストラクション)
首都高が大橋JCTの地下分合流部で開催したセレモニーでは、菅原秀夫社長がカウントダウンの電光表示板を除幕。首都圏3環状道路で初の「リング」となる路線が、約1カ月後に全線開通する(写真:日経コンストラクション)

 大橋JCTの地下分合流部は、連結路と本線それぞれのシールドトンネルを非開削で一体化(一断面化)するなど、前例のない工事で注目を集めた箇所だ(工事中のレポートは、2013年5月15日公開記事「世界初、トンネルを完全地中拡幅」を参照)。供用間近の現場を写真で紹介する。

地下分合流部を大井JCT方面側(南側)から望む。左手が大橋連結路トンネル、右手が本線トンネル(写真:日経コンストラクション)
地下分合流部を大井JCT方面側(南側)から望む。左手が大橋連結路トンネル、右手が本線トンネル(写真:日経コンストラクション)

地下分合流部の本線トンネル。正面が新宿方面(写真:日経コンストラクション)
地下分合流部の本線トンネル。正面が新宿方面(写真:日経コンストラクション)

地下分合流部の大橋連結路トンネル。正面方向が大橋JCTで、首都高3号渋谷線に接続(写真:日経コンストラクション)
地下分合流部の大橋連結路トンネル。正面方向が大橋JCTで、首都高3号渋谷線に接続(写真:日経コンストラクション)

本線トンネルと連結路トンネルを行き来できる非常用通路の内部(写真:日経コンストラクション)
本線トンネルと連結路トンネルを行き来できる非常用通路の内部(写真:日経コンストラクション)

非常用通路のらせん階段(写真:日経コンストラクション)
非常用通路のらせん階段(写真:日経コンストラクション)