PR

カンボジアの首都プノンペン近郊のネアックルンで、総事業費121億円のほぼ全額を日本が無償で供与した「つばさ橋」が完成し、4月6日に開通式が開かれた。当初の名称はネアックルン橋だったが、同国のフン・セン首相が日本語の「つばさ」を使った名称に変更した。施工者は三井住友建設、設計者は長大・オリエンタルコンサルタンツJVだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い