PR

定期点検で床版を支える部材に著しい腐食が見付かった滋賀県内の直轄国道の鋼橋が、5年前の前回点検では最高ランクの「損傷が認められない(または軽微)」と判定されていたことが分かった。5年前から既に腐食は生じていたが、健全性の判定には反映させていなかった。国土交通省道路局の国道・防災課によると、主要部材以外の部材の劣化を判定にどの程度反映させるかは、各技術者に委ねられている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料