PR

定期点検で床版を支える部材に著しい腐食が見付かった滋賀県内の直轄国道の鋼橋が、5年前の前回点検では最高ランクの「損傷が認められない(または軽微)」と判定されていたことが分かった。5年前から既に腐食は生じていたが、健全性の判定には反映させていなかった。国土交通省道路局の国道・防災課によると、主要部材以外の部材の劣化を判定にどの程度反映させるかは、各技術者に委ねられている。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)