PR

浜松市の原田橋が倒壊し、隣で建設中だった新橋も損傷した事故で、市は7月29日、新橋の建設場所を約200m下流に変更する方針を明らかにした。事故原因となった崩落斜面の付近をボーリング調査した結果、予想以上に状態が悪かったことから、安全性を重視して建設場所を移すことにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い