PR

大成建設と成和リニューアルワークスは共同で、工期や作業スペースに制約が多い地下鉄や地下街の柱部材に適した耐震補強工法を開発した。炭素繊維シートを繊維強化セメント板で挟み込んだパネルを、柱に取り付けるだけで施工できる手軽さが売りだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い