PR

鉄筋やプレストレスト・コンクリート(PC)鋼材の代わりに、腐食しないアラミド繊維強化プラスチック(FRP)ロッドを緊張材として使ったコンクリート橋が、国内で初めて実現する。西日本高速道路会社と三井住友建設が共同で開発した「Dura-Bridge」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い