PR

佐賀県内に整備中の唐津伊万里道路の橋梁下部工事で、構築した橋台1基が設計より約20cm高くなっていたことが分かった。施工時に基準とする測量標(仮ベンチマーク)を移設した際に、高さを誤って測量標に記載したことが原因だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料