PR

 横浜市は、覆工コンクリートにひび割れなどが生じた道路トンネルの補強に、覆工内面に厚さ2.4cmの薄い鋼板を巻き立てる工法を採用した。鋼板と覆工との間にはエアミルクを充てんする。鋼板が地山の緩みによる上載荷重も支える。補強厚は標準7.5cmで、建築限界を侵さない。写真は1枚400kgの鋼板を覆工の内面に組み立てている様子。手のひらのように自由自在に動く油圧装置を鋼板組み立て用に開発して、初めての機械施工を可能にした。片側の1車線を交互に作業ヤードにしたので、写真のように左側の車線を車が通行している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中