PR

 利用を始めてから67年たった橋を補修する。ウオータージェットでコンクリートの表面をはつった後、モルタルを吹き付けて断面を修復する。補修工法を決めるに当たって、青森県はアセットマネジメント(資産の計画的な管理)と呼ぶ手法を初めて採用した。同県のこれまでの補修工法に比べて、補修後50年間のライフサイクルコストが約3割削減できる見込みだ。写真は、アーチの鉛直材の中性化したコンクリートを、ウオータージェットではつっている様子。噴射した水は高圧なので、50~60℃になる。1日の作業時間は6時間。30分間作業するごとに5分間休憩している。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中