PR

 1960年代からの急速な市街化によって失われた保水機能などを補うよう、遊水地を整備して流域の水害に対処する。平常時は公園となる遊水地の運用を2003年6月から開始。2004年の台風では総貯水量の3分の1が流入して水害を防いだ。1979年に旧建設省が「総合治水特定河川」に指定し、80年に全国に先駆けて総合治水対策に着手。その一環として多目的遊水地を整備した。面積84ha、総貯水量は390万m3で、洪水時は1秒当たり200m3の流量を低減することができる。遊水地内は、横浜市が横浜国際総合競技場などの施設を設置して「新横浜公園」として一般に開放している。写真左手に見えるのが、鶴見川に面した堤防の一部を低くした越流堤。ここから洪水を遊水地内に流入させる。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中