PR

 労働安全コンサルタントは、工事現場の労働安全水準の向上を図るために欠かせない国家資格だ。製造業の安全管理などにも生かせるので、転職や独立に役立てる人もいる。

 合格率は2009年度が15.4%、10年度が16.9%と低めだったものの、11年度は25.3%に上昇した。

労働安全コンサルタント(土木)の概要
認定者/資格創設年 厚生労働大臣/1973年
登録者数 2848人(2012年12月時点)
試験受け付け期間 未定(例年、筆記試験は7月中旬~8月中旬、口述試験は11月上旬~中旬)
試験日 未定(例年、筆記試験は10月中旬、口述試験は翌年1月中旬~2月上旬)
受験料 2万4700円
資格の登録料 3万円
試験内容 筆記試験を受け、合格者のみが口述試験を受ける
合格率 25.3%(11年度)
関連サイト http://www.exam.or.jp/
(発表資料や取材をもとに日経コンストラクションが作成)

土木関連資格一覧

「土木関連資格ガイド2013(トップページに戻る)」