PR

セメントの原料を焼成した時に、ほかの物質と結合せずに単体でセメント中に残った酸化カルシウム。「未反応石灰」や「フリーライム」ともいう。コンクリート硬化後に水分と反応して膨張性の物質を生じ、ひび割れを発生させることもある。