PR

アルカリ骨材反応によるコンクリートの膨張可能性を調べるため、採取したコアを高温、高湿の環境や、高濃度のアルカリ溶液中で促進養生して、膨張ひずみ量を測る方法。