PR

予定価格に対する落札額の割合。2005年の鋼橋談合問題では、落札率が限りなく100%に近いことが談合をしていることの証拠だという指摘があった。一方、落札率が不当に低いダンピング受注も、大きな問題になっている。