PR

コンクリート表面の狭い範囲が円すい状に飛び出すようにしてはく離する現象。凍害やアルカリ骨材反応、鋼材の腐食などで、表面付近の内部に膨張する圧力が生じて発生する。