PR

洪水や津波、地震などの災害時に被害を受ける恐れのある場所や避難経路を地図上に示したもの。過去の災害記録や地理条件の調査などを基に被害を想定する。主に自治体が作成し、地域住民に公表する。