PR

(社)日本鋼構造協会が2005年度から試験を実施し始めた資格。鋼橋と水門、水圧鉄塔、鋼製タンク、杭式や矢板式の港湾構造物を対象に、点検や診断、補修対策の立案などの能力が技術者に備わっていることを示すのがねらい。診断士の下に診断士補という資格もある。