PR

自治体が予算を計上せずに行う公共事業。長野県が2003年度から始めて話題となり、その後、北海道や宮城県、島根県なども実施している。県の職員による橋の点検や住民参加による川の維持管理、現場で発生した材の再利用といった取り組みが行われている。