PR

骨材がアルカリ骨材反応を起こさないかどうか調べる方法。粉砕した骨材に水酸化ナトリウム溶液を加えて加熱。溶液のアルカリ濃度減少量と、骨材から溶液中に溶け出したシリカ量を測定して判断する。