PR

 
 
管理人のイエイリです。


騒音防止法などを守り、周辺住民からのクレームが出ないようにするため、建設現場では重機や機械類

などから出る音は、小さければ小さいほどよい、というのが常識になっています。


ところが、ブレーカーや油圧ショベルのクローラーなどから発せられる音は、「リズミカル」で一般の楽器

にはない味わいも持っていると思った建設関係者はいませんか。


これらの建設現場から出る音を使って、
 
 
 
ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
 
 
音楽を作ろうという人たち
 
 
 
が、今日も集まるサイトがあります。


その名も「BUILDUP!(ビルドアップ)」という、日本建設業団体連合会(日建連)が運営するサイトなのです。


建機の音を使ってオリジナルサウンドを作れる「LETS'S BUILDUP!」のコーナー。左側の棚にいろいろな音の部品が置いてあり、自由に選べる


音の部品をドラッグして右側に移動する


右側には仮設の足場があり、空いている6カ所に部品をドロップして配置


すると他の部品の音と同時に鳴り出す


作業を終了し、「作者名」を入力するとこのように作品として展示され、他の人に聴いてもらえる

「建設ミュージック」の作り方は、いたって簡単です。

オリジナルサウンドを作る「LET'S BUILDUP!」というコーナーに行き、好きな音の部品を6つまで選ぶだけ。


あとは、自動的に選んだ音のリズムが同期されて、“合奏”が始まります。

ブレーカーやクローラーなど、なかなかいい味、出してますよ。


このサイトはちょっと前にできたようですが、毎日、
 
 
 
何曲もの“新曲発表”
 
 
 
が行われているようです。


あなたもぜひ、自分の手で建設ミュージックを作ってみてはいかがでしょうか。


そのほか、「BUILDUPPER」というコーナーでは、建設業の設計、施工、技術、そして事務部門で活躍する

若手男女社員が紹介されたり、「BUILDUP REPORT」というコーナーでは、ビル、道路などの現場から

若手社員がブログでリポートを連載しています。


ぜひ、こちらもご覧ください。