PR


施工段階から始まった前田建設工業の3Dモデル活用
昨年7月に意匠、構造、設備の専門家からなる「3次元チーム」が発足


コンピューター上で建物の3次元モデルを作り、設計を進めていく「ビルディング・インフォメーション・モデリング」(以下、BIM)の活用は、企画設計から基本、詳細設計へと、建設フェーズの上流から下流へと進んでいくのが一般的です。ところが、前田建設工業のBIMは、施工段階での活用から始まりました。

施工段階での3次元モデル活用が、徐々に上流の設計段階へと逆方向へと展開し、2008年7月にはついに、建築設計部内に意匠や構造、設備の専門スタッフが集まった「3次元チーム」が発足しました。「スタッフの中には施工現場の経験者もいます。常に現場での生産を意識した設計を行っています」と設計部建築設計グループの中澤泰彦チーム長は話します。

前田建設工業に発足した3次元チーム関係者(左)とオフィス(右)


意匠設計は建築設計用の3次元CADを数種類を使って行い、そのデータを詳細設計用のソフトとIFC形式などで交換。鉄筋やボルト1本に至るまで、構造を忠実に再現した3次元モデルを作っていきます。

「意匠設計と詳細設計のデータは双方向に交換できるので、詳細設計で修正された構造データを意匠設計に読み込んで3次元モデルを更新することもあります」と建築設計部建築設計グループの藤井裕彦マネージャーは説明します。

詳細設計のデータは、工場製作用の図面のもととなるため、ボルト1本まで再現されています。そこで、詳細設計から意匠設計にデータを変換するソフトには、意匠設計に不要なデータを除外するために独自開発したものもあるそうです。

詳細設計まで3次元CADで行っている
添接板やボルトまでを3次元モデルで忠実に再現
完成した建物(以上3点の画像*前田建設工業)