PR

(前のページから続く)

(9)使い慣れた旧アイコンをオフィス2007で使う

 オフィス2007はメニューの形式を一新しています。今までのプルダウンメニューから新しくリボン形式と呼ばれる形式に変更されました。これにより、今まで使っていたバージョンとは操作性がかなり異なります。しばらく使用して慣れてくれば利用しやすいのですが、しばらくはメニューを探すのに戸惑うでしょう。

リボン形式
リボン形式のメニュー

 古いメニュー・アイコン形式をリボンに表示するフリーソフト(アドイン)があるので、これを利用する方法もあります。ソフトの名称は「オフィス2007オールドスタイルメニュー」。新しいリボンメニューを残すことも消すこともできるので、便利です。

▼オフィス2007オールドスタイルメニューアドイン
http://members.at.infoseek.co.jp/dr_admk/o2007oldui/

オフィス2007オールドスタイルメニューアドイン
オフィス2007オールドスタイルメニュー

(10)互換フリーソフト「オープンオフィス.ORG」を使う

 マイクロソフトオフィスと高い互換性を持つと有名な「オープンオフィス.ORG(ドットオルグ)」というフリーソフトがあります。今回のバージョンアップによりオフィス2007形式にも対応しました。

オープンオフィス.ORG
フリーソフトの「オープンオフィス.ORG」

 ・ワープロ:「Writer」
 ・表計算:「Calc」
 ・データベース:「Base」
 ・プレゼンテーション:「Impress」
 ・描画:「Draw」
 ・数式エディター:「Math」

 サブパソコンや共有パソコンで、オフィスソフトがインストールされていない場合、フリーで配布されているこのソフトをインストールすると良いでしょう。複雑な機能を用いているファイルでない限り、ひと通りの作業を行うことができます。

執筆:東建IT研究会
「建設会社の利益に結びつくITの研究及び支援」を目的に、東京建設業協会内に平成16年5月14日に設立した研究会。月1回の定例会議で、講習会の企画・開催、意見交換会、調査・研究、教育プログラム策定などの活動を行っている。
 ▼東建IT研究会のウェブサイト
 http://token.or.jp/itlab/