PR

今回、設備工事会社や土木分野に強いソフトベンダーが参加したことで、BIMの先進国である欧米も驚くようなエンジニアリング力にあふれたBIMの新しい方向性も示されました。

それは、建物だけを検討したBIMでなく

 

設備や土木とも融合

 

した、新しい建築設計の方法や広い建設業界をまたいだコラボレーションの可能性です。日本建築業界のBIM活用技術のレベルは、この2~3年で、世界レベルにまで進化したと言ってもいいでしょう。

審査員も、各チームの作品について、本当に甲乙付けがたい様子でした。「ベストプロジェクト賞」などの最終結果は、10月9日に東京・有明で行われる「Archi Future 2009」の中で発表される予定です。お楽しみに。

<訂正>初出時、「Archi Future 2009」の開催場所を「東京・秋葉原」としていましたが、正しくは「東京・有明」でした。(2009年9月24日17時13分)