PR

今回の建設IT注目情報 ~新日軽「チャーリー充電ボックス付き」~

 ラクで環境にやさしい乗り物である電動アシスト自転車は、年間30万台も売れている人気商品です。

 しかし、面倒なのがバッテリーの充電です。バッテリーを外して屋内の充電器まで、持ち運ぶのに苦労していた人も多いのではないでしょうか。

 こんな不便を一掃してくれる新製品が登場しました。

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
充電器を屋外に設置
 
できるものなのです。

 新日軽が5月6日に発売する「チャーリー充電ボックス付き」という新製品です。屋外に設置するボックスの中に、電動アシスト自転車付属の充電器を収納できるようになっています。取り外したバッテリーをその場で充電できますので、電動アシスト自転車をもっと気軽に使えるようになりそうですね。

 ボックスの内部には100Vコンセントのほか、電気自動車用の200Vコンセントや200Vタイマースイッチも付いています。

電動アシスト自転車用の充電器を収めたチャーリー充電ボックス付き。左は表面、中央は裏面。右はボックスの内部で、充電器とバッテリー、コンセントなどが収納されている(写真:新日軽)

バッテリーを電動アシスト自転車から取り外すと、すぐに充電できる(資料:新日軽)

 この製品によって、屋外で気軽に電気が使えるようになると、生活スタイルが変わっていきそうです。