PR

今回の建設IT注目情報 ~フォーラムエイト「大橋ジャンクションのVRと実写を比較」~

 3月28日、首都高速道路の大橋ジャンクション(東京都目黒区)が開業しました。ローマのコロッセオを思わせる姿をしたこの施設は、内部に4層のループ状道路を収容。中央環状線山手トンネルと3号渋谷線高架橋の高低差約70mをつないでいます。

 トンネル内をぐるぐる回っていると、方向感覚もなくなりそうですね。そこで、ジャンクション内部の道路には、赤と青のカラー舗装を施し、色で車線を案内する方式を採用しています。

 首都高速道路は、カラー舗装のパターンや色の濃さ、案内標識などを検討する際に、フォーラムエイトの3次元バーチャルリアリティー(VR)ソフト「UC-win/Road」を活用しました。

 大橋ジャンクションの3次元モデルを作り、仮想の道路をドライビングシミュレーターで運転することにより、色による案内の分かりやすさなどを検証したのです。

 ではVRによる検討は、どれだけ実物の道路に近いイメージだったのでしょうか。その答えが、このほど、フォーラムエイトのウェブサイト上で公開されました。

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
VRと実写を動画で比較
 
して掲載しているのです。

 高架橋から分岐してジャンクションに入り、ほかのクルマとともに走行していくシーンは、一目見ただけでは、VRと実写の区別がつかないほどでした。路面に描いてある「東名」や「上り勾配」といった文字もそのまま再現されていました。

 このVRは、フォーラムエイトが昨年、開催した第8回3D・VRシミュレーションコンテストでグランプリ賞を獲得した首都高速道路制作の「大橋JCT走行支援策VRデータ」です。実写との比較に際し、クルマの車種や位置には手を加えましたが、道路や標識などは、検討段階で作成したVRのままだそうです。

大橋ジャンクション内を走行する実写映像(左)とVR映像(右)を比較して掲載したウェブサイト(資料:フォーラムエイト)

カラー舗装や路面の文字もホンモノそっくり(資料:フォーラムエイト)

 大橋ジャンクションの開業により、以前に作成したVRと実写が極めて似ていることが実証されました。つまり、VRは将来起こりうる状況を事前に疑似体験するためのツールともいえそうです。