PR

今回の建設IT注目情報 ~テクラ「Tekla Structures」~

 5月1日に開幕した上海万博は、面白いデザインのパビリオンが盛りだくさんです。きっとどこかのバビリオンで、設計にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使っているのだろうな、と思っていました。

 その予感は当たっていました。5月11日、構造設計用のBIMソフト「Tekla Structures」の発売元であるテクラは、同ソフトが設計に使われたパビリオンについて発表しました。

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
13棟の設計
 
に、Tekla Structuresが使用されたというのです。

 その内訳は、万博文化センターやテーマ館のほかフィンランド、中国、ドイツ、スウェーデン、米国、スイス、オランダ、サウジアラビア、マカオ、イタリア、ルクセンブルグの各国パビリオンです。

 同社の本拠地でもあるフィンランドのパビリオンは、サステナブルデザインの実験棟として設計されました。ファサードに紙とプラスチックからなるリサイクル素材を使ったり、エネルギー効率をよくするため、採光や自然換気を採用したりしています。

 構造部材は、可変断面と複雑な曲線からなる直径約60mの鉄骨フレームからなり、ボルト継ぎ手の個数は数万個にも上ったとのこと。さすがにこれだけ複雑な構造を設計、施工するためにはBIMの活用が欠かせなかったようです。

「Tekla Structures」で設計した上海万博のフィンランド館のBIMモデル(左側上下)や建設中の写真(右側上)、内観パース(右側下)(資料、写真:テクラ)

オランダ館のBIMモデル(資料、写真:テクラ)

スイス館のBIMモデル(資料、写真:テクラ)

 サステナブルデザインというと、つい、エネルギー消費の対策の方に目が向いてしまいがちですが、フィンランド館では、建物の構造面でもサステナビリティーを追求しています。