PR

今回の建設IT注目情報 ~三井造船「Mitsui RTV. N-Hyper300EXY」~

 日本の建設投資は新築が減り、改修・改築が増える傾向にあります。建物の維持管理は今後、ますます重要な仕事になってきます。

 それは地上の建物だけではありません。サカナたちのすみかである魚礁や、海洋油田の掘削設備など、水中深く設けた構造物も同様です。

 こうした構造物の維持管理には、水中ロボットが活躍しています。機能もますます高まっており、このほど三井造船が海洋土木に納入した水中ロボット「Mitsui RTV. N-Hyper300EXY」は、

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
ハイビジョンカメラを搭載
 
しているのです。

 このテレビカメラは10倍ズーム・200万画素の機能を備えており、水中の様子を船上のモニターに高品質で映し出すことができます。これなら魚礁に集まったサカナの魚種判定も正確にできそうですね。

水中ロボット「Mitsui RTV. N-Hyper300EXY」(写真:三井造船)

 また、「トリムコントロール制御」により、機首を真下に向けて潜れます。前進速度がそのまま潜航速度となるため、水深300mまで3分で到達できます。小型水中ロボットとしては最速だそうです。すばやく潜航できる分、潮流に流されることも少なくなります。

 長さ約119cm×幅約59cm×高さ約64cmの大きさで、質量は約56kg、最大速力は約3.6ノットです。200万画素のハイビジョンテレビカメラのほか、デジタルスチルカメラを2台、後方には38万画素のカメラを搭載しています。

 このような高性能の目を備えた「Mitsui RTV. N-Hyper300EXY」ですが、さらに別の目も備えています。