PR

今回の建設IT注目情報 ~ハプティック、アールストア「good room」~

 携帯電話向けに作られた賃貸住宅の検索サイトを時々使ってみることがありますが、なかなか便利ですね。気に入った街で、周辺の入居者募集中の物件について検索してみると、家賃や広さ、間取り、駅からの距離などの情報が簡単に得られます。

 しかし建物や部屋のデザインにこだわる人にとっては、多くの物件の中からおしゃれな物件を探すのは大変な手間がかかります。さらにムク材を使ってリノベーションした物件や、有名建築家が設計した「デザイナーズ物件」などの細かい情報は、サイトが提供している情報だけではなかなか分かりません。

 そこで登場したのが、iPhone用の無料アプリ「good room」です。東京エリアを対象にしたものですが、
 
ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
おしゃれな賃貸住宅だけ
 
を掲載しているのです。

 このアプリは賃貸住宅のリノベーション事業を展開するハプティックと、おしゃれな賃貸住宅紹介サイト「R-STORE」を運営するアールストアが、12月16日に共同で提供を開始したものです。

 東京だけでも入居者募集中の賃貸住宅は約46万4000件ありますが、そのうちおしゃれな物件は、1%くらいしかありません。(2010年11月現在。ハプティック調べ)

 「good room」はおしゃれな物件を厳選して掲載しているので、デザインにこだわる人にはありがたい情報ですね。

 検索機能では、「リノベーション」や「2人暮らしで15万円以下」といったよく検索される条件を簡単に選べるようになっています。トップページには毎日の新着情報を掲載し、利用者が飽きないように工夫しています。

おしゃれな賃貸住宅をiPhoneで検索できるアプリ「good room」の画面(資料:ハプティック)

おしゃれな賃貸住宅の例(写真:ハプティック)

 おしゃれな部屋の雰囲気を表現するのは、図面や写真などの客観的なデータだけでは難しいですね。そこで各物件の紹介には、入居希望者が自分のテイストに合っているかどうかを判断しやすくするために工夫を凝らしています。