PR

イエイリはここに注目した! ~複数の業種にまたがる建設ベンチャー誕生のチャンス~

 特別価格で提供するソフトには「Revit Architecture」や、様々なBIMモデルを統合して検討する「Navisworks Manage」のほか、
 
製造業やデザイナー向け
 
のもの含まれています。

 機械設計用の「Inventor Professional Suite」、工業デザイン用の「Alias Design」、リアルなCGが作れる「Showcase Professional」、そして設計データの共有・管理用の「Vault Professional」です。

BIMソフトのほか機械設計用や工業デザイン用のソフトもプログラムの対象になっている(写真:家入龍太)

 せっかくの機会ですから、BIMソフトだけでなく、製造業やデザイナー向けソフトの導入も考えてみてはいかがでしょうか。

 例えば環境性能の高いビルの設計とともに、現場での残材を減らせるプレキャスト部材の製造や、高効率な建築用空調設備の設計も手がけるなど、複数の業種にまたがる「建設ベンチャー」を目指すのにいいチャンスかもしれません。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログは、http://www.ieiri-labo.jp/。ツイッターは、http://twitter.com/ieiri_lab

<訂正>
初出時に「Vault Manufacturing」と記述した製品名を、「Vault Professional」に修正しました。発表資料に誤りがあったと取材先から申し入れがありました。(2011年2月22日12時51分)