PR

今回の建設IT注目情報 ~テクノツリー「Excel Gate」~

 設計から施工、維持管理まで、建設業の業務でも表計算ソフト「Excel」が活用されています。関数やマクロなどの機能を使うと、業務の効率化に役立ちますね。

 その半面、データ入力となると、現場で記入した紙の帳票からキーボード入力したり、携帯情報端末などに打ち込んだデータをコピー・アンド・ペーストしたりと、手作業で転記することも多いのではないでしょうか。

 そこで兵庫県明石市のテクノツリーは、ExcelシートにWEB画面上から遠隔入力できる「Excel Gate」というシステムを2月に発売しました。

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、 パソコンのWEBブラウザーのほか、
 
iPadやアンドロイド端末
 
などの携帯情報端末からExcelのシートに直接、データを書き込めるのです。

ExcelシートにiPadなどから遠隔入力できる「Excel Gate」の画面(資料:テクノツリー)

「Excel Gate」の利用イメージ(資料:テクノツリー)

 Excel Gateは、ウェブサーバー上にインストールするソフトです。Excelシートを「HTML形式」に自動変換し、ウェブブラウザーで閲覧や入力ができるようする機能を持っています。

 使い方は非常に簡単です。まず、パソコンでExcelシートを開き、入力が必要なセルにマウスでチェックボックスやテキスト窓など、Excelに標準搭載されている入力用の部品を配置していきます。

 このExcelシートのファイルをイントラネット上の特定のフォルダーに入れると、Excel Gateが読み取り、HTML形式に変換。各ファイルにURLを設定し、インターネットを通じてウェブブラウザーでアクセスできるようにします。

 そして携帯情報端末でExcelシートにデータを入力すると、Excel Gateを通じて元のExcelファイルにも反映される、という仕組みです。

 要するに、入力用の部品を配置したExcelシートを社内の共有フォルダに入れておくだけで、インターネットやイントラネットを経由してリアルタイムにデータ入力ができるというわけです。

 Excel Gateの価格は150万円(税込み)です。

使用手順。まずExcelシートをパソコンで開き入力用のマークをセルに付けて、サーバーに保管する(上段)。iPadなどのWEBブラウザーでExcelシートにアクセスする(中段)。画面上の入力窓にデータを入れると、サーバー上のExcelシートにリアルタイムにデータが入力される(下段)(資料:テクノツリー)

 既存のExcelシートを使って業務を少しずつ“モバイル化”していくのに便利そうです。また、現場から携帯情報端末でExcelシートに直接、入力できると、リアルタイムの情報共有が可能になりますね。

 このほか、テクノツリーではiPadを現場で使うための様々なシステムやサービスを展開しています。