PR

イエイリはここに注目した! ~BIMモデルに“議事録”を残す~

 Tekla BIMsightには、干渉部分などに
 
コメントを付ける
 
機能があるのです。

 例えば、配管と梁が干渉している部分に、担当の設計者や対応策を記入してBIMモデルごと保存できます。つまり、BIMモデル上に“議事録”を残せるわけですね。

 また、複数の担当者が別々に設計しているときも、「ここがぶつかっている」、「この干渉は設備設計者の私が解決する」といったコメントを付けたTekla BIMsightのファイルをメールなどで送り合うことで、問題個所や対策についての情報を簡単に共有できます。

Tekla BIMsightを使った現場での打ち合わせイメージ(左)。干渉に関連する部材が四角い枠で示され、対応策などを記入できる(右)(資料:テクラ)

 これまでのBIM活用は、企画や基本設計などプロジェクトの上流部分が中心でした。3次元CADに不慣れな人にも扱いやすいTekla BIMsightが無料公開されたことは、施工段階のほかプレハブ部材の工場製作や維持管理でのBIM活用も加速するきっかけになるかもしれません。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログは、http://www.ieiri-labo.jp/。ツイッターは、http://twitter.com/ieiri_lab