PR

 9月7日~11日にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)による仮想コンペ「Build Live Kobe 2011」(主催:IAI日本。以下、BLK2011)が開催された。社会人は48時間、学生は96時間という限られた時間で、BIMを使って課題の建物や施設の設計を競う“仮想コンペ”だ。

 2009年以来、3回にわたって「Build Live Tokyo」として首都圏の敷地を舞台に開催されてきたが、今回、初めて課題の敷地を首都圏以外に移した。神戸市のポートアイランドを舞台に、社会人を対象にした「実務クラス」、学生を対象とした「学生クラス」ともに8チームが参加し、熱戦を繰り広げた。

BIMのプロを抑え、最優秀賞は芝浦工業大学の学生チームに

 今回の課題は「国際交流センター」。スーパーコンピューター「京(けい)」を設置した施設に隣接するポートアイランドの敷地に、100人が滞在できる国際研究センター、3000ラック規模のデータセンター、アスレチックジムなどからなる大規模な複合施設を計画するという、これまで以上に大規模な施設だ。そして、データセンターからの低温排熱を有効利用するという条件も与えられた。

 各チームは、BIMで設計した建物の3次元モデルやCGパースのほか、設計意図を説明した資料などを主催者のサーバーに提出。その後、建築家を中心とした審査会が開かれ、優秀賞4チームが選ばれた。そしてコンペのスタートからちょうど1カ月後の10月7日、東京・有明で開催された建築イベント「ArchiFuture 2011」で、審査結果が発表された。

 全出場チームを通じて最優秀賞に選ばれたのは、なんと、学生クラスに参加したチーム「TMT」だった。大手建設会社や一級建築設計事務所など、BIMのプロ集団である社会人チームに勝ったのだ。TMTは芝浦工業大学の大学院生を中心としたチームだ。前年の「Build Live Tokyo 2010」で、同大学のチーム「ARI-30」は、社会人クラスに参加した大林組のチーム「SAFARI TOUR」とともに最優秀賞に選ばれており、Build Live コンペで前例のない二連覇という快挙を達成したことになる。

Build Live Kobe 2011の表彰式。最優秀賞は芝浦工業大学のチーム「TMT」に贈られた(写真:家入龍太)
Build Live Kobe 2011の表彰式。最優秀賞は芝浦工業大学のチーム「TMT」に贈られた(写真:家入龍太)

チーム「TMT」が提出したCGパース(資料:TMT)
チーム「TMT」が提出したCGパース(資料:TMT)


審査結果概要(チーム名はエントリー順)
1.審査会による優秀賞の4チーム*
   Plan-B、スカンクワークス、BIX、TMT
   *4チームから選ばれる最優秀賞はTMT

2.審査員奨励賞の2チーム
   三都物語+、Orange Ark

3.主催者が選定する特別賞「Building Smart賞」の受賞3チーム
   Plan-B、スカンクワークス、Orange Ark

4.チーム投票賞のトップ2チーム
   スカンクワークス、金沢工業大学

5.神戸市市長賞
   BIM LABO


審査会、主催者、“施主”、プレーヤーで分かれた評価

 今回はこれまでのBuild Liveコンペとは違った評価の視点も導入された。有識者審査員による審査会で選ぶ「優秀賞」のほか、今回から主催者のIAI日本が自ら選ぶ特別賞「Building Smart賞」(3チーム)、課題の敷地を提供した神戸市から「神戸市市長賞」が(1チーム)、そして参加チーム同士で優れていると思う他チームを互選する投票により社会人、学生それぞれ1チームを表彰する。最優秀賞は、審査会による優秀賞の4チームの中から選ばれる仕組みだ。

 評価は大きく分かれた。審査会で最優秀賞に選ばれた「TMT」は、主催者選定の「Building Smart賞」を受賞した3チームには入っていなかった。参加チームの互選による投票では、学生クラスで金沢工業大学のチームが選ばれたが、同チームは審査会、主催者、神戸市いずれの賞にも選ばれなかった。また、後援した神戸市は、関西在住のBIMユーザー団体が結成したチーム「BIM LABO」を神戸市長賞に選んだが、こちらも審査会、主催者、参加チーム互選いずれの選からも漏れていたチームだ。

 神戸市はチーム「BIM LABO」を選んだ理由を3つ挙げた。一つめは「デザイン都市、神戸にふさわしいシンプルで洗練されたデザイン」、ニつめは「六甲おろしなどの風の動きをシミュレーションし、風の通りをよくするなど、自然を生かしていること」、そして三つめは、おそらくほとんどの人が気付かなかったであろう「建物を上から見ると神戸のシンボルマークである『K』の字に見えること」だった。

神戸市市長賞を授与した神戸市産業振興局参与の今西正男氏(左端)と受賞したチーム「BIM LABO」のメンバー(左写真)。六甲おろしによる通風シミュレーション。上から見ると「K」の字に見える建物の形もポイントとなった(右資料:BIM LABO)
神戸市市長賞を授与した神戸市産業振興局参与の今西正男氏(左端)と受賞したチーム「BIM LABO」のメンバー(左写真)。六甲おろしによる通風シミュレーション。上から見ると「K」の字に見える建物の形もポイントとなった(右資料:BIM LABO)
神戸市市長賞を授与した神戸市産業振興局参与の今西正男氏(左端)と受賞したチーム「BIM LABO」のメンバー(左写真)。六甲おろしによる通風シミュレーション。上から見ると「K」の字に見える建物の形もポイントとなった(右資料:BIM LABO)

 それぞれの賞の選定には、メンバー構成によって異なる視点からの評価が色濃く反映されているといえそうだ。建築家を中心とする審査会は「意匠設計者の視点」、主催者は「BIM活用の全体最適的視点」、神戸市は「施主的な視点」、そして参加チームはお互いの苦労をよく知る「BIMユーザーとしての視点」だ。

 評価がこれだけ分かれたのは、日本におけるBIMの活用範囲が広がり、それぞれの立場によって価値観が多様化していることを意味しているのではないだろうか。