VRで本番さながらの事故対策訓練

 例えば、クルマが故障してトンネル内に停止し、さらに火災が発生したというような事故シナリオを教官が設定してG’VALシステムに流す。

 すると訓練生の画面のモニターカメラ画面には、トンネル内で停止している事故車の状況や炎が上がっている様子が映し出されるとともに、仮想の火災警報器が作動してアラームが鳴る。

 そこで訓練生は、システムを通じて付近のパトロールカーに現場に急行して交通規制するように指示したり、消防隊に必要な車両の種類や台数を伝えて出動を命じたりといった対応を本番さながらに行う。

 すると、トンネル入り口のモニターカメラには、指示を受けてトンネルに入っていくパトロールカーや消防車などの様子が映し出され、その後、事故現場にこれらの車両が到着する様子が分かる。

 さらに現場で起こっている状況をモニターカメラの映像やSCADAの画面、アラームの発生状況などを見ながら、トンネル内の換気
装置を作動させて適切に煙を除去したり、電光掲示板によって避難誘導を行ったりする。火災の規模やトンネル内の発生位置によっては、トンネル入り口の信号を赤にしてクルマの進入をストップさせたりもする。

トンネル内で火災が発生したことをモニターカメラの画面で確認(写真:家入龍太)
トンネル管理者からの指令で現場に向かう緊急車両(写真:家入龍太)
トンネル内で火災が発生したことをモニターカメラの画面で確認(左)。トンネル管理者からの指令で現場に向かう緊急車両(右)(写真:家入龍太)

その後、火災現場に到着した緊急車両(写真:家入龍太)
現場での車線規制作業(写真:家入龍太)
その後、火災現場に到着した緊急車両(左)。現場での車線規制作業(右)(写真:家入龍太)