工場製作までのBIMワークフローが稼働

 免震構造の建物では、免震装置付近の杭頭や柱、梁の接合部に鉄筋や鉄骨、プレートなどの部材が複雑に入り組む場合がある。このような部分の施工では、各部材の取り付け順序を間違えると手戻りが生じたりする。そこで施工手順に沿ってBIMでCG(コンピューターグラフィックス)を作成し、協力会社の担当者と共に事前に施工方法を検討している。

 このほか、意匠性を重視した特注エレベーターの完成後の納まりを、モックアップという部分模型を作らずにCGで確認したり、建物の壁面に凹凸がある場合の効率的な足場のかけ方を検討したりするといった作業にもBIMは大活躍している。

免震装置の施工手順や配筋納まりのBIMモデルによる検証(左)と現場の状況(右)(資料、写真:清水建設千葉支店)
免震装置の施工手順や配筋納まりのBIMモデルによる検証(左)と現場の状況(右)(資料、写真:清水建設千葉支店)

 千葉支店では、意匠設計にはRevit Architecture(オートデスク)やArchiCAD(グラフィソフト)、設備設計ではCADWe’ll Tf@s(ダイテック)やRebro(NYKシステムズ)、施工シミュレーションにはNavisworks(オートデスク)、施工図の作成にはJ-BIM施工図CAD(福井コンピュータ)と、様々なBIMベンダーのソフトを適材適所に使っている。

 「J-BIM施工図CADは、コンクリート量だけでなく、型枠の数量計算も自動的に行える機能がある。自動集計とともに手拾いによる集計も行い、両者の結果を突き合わせて確認している。この作業を繰り返していると、大量のコンクリートを打設する際に自動集計した数量が妥当かどうかを判断できるようになる」と、室井氏は説明する。

 手拾いと自動集計との差は大きくても10%程度に収まる。しかしソフトによる自動集計に頼っていると積算根拠を説明したり、積算ミスを見つけたりする能力が育たない。あえて手拾いも並行して行い、技術者の直感も育てるようなBIMの活用を目指しているのだ。

壁面に凹凸のある建物の足場のかけ方もBIMでシミュレーションした(資料:清水建設千葉支店)
壁面に凹凸のある建物の足場のかけ方もBIMでシミュレーションした(資料:清水建設千葉支店)

 これらのソフトのほか、施工業務の効率化に大きく貢献しているのは「KAPシステム」という鉄骨の詳細設計システムだ。片山ストラテックという鉄骨や橋梁の製作会社が開発しただけあって、ものづくりのノウハウがフルに詰まっている。

 例えば、鉄骨の3次元モデルから詳細図や工場製作用の原寸型板、数値制御(NC)用のデータ、帳票などを作成できるのだ。室井氏はKAPシステムもBIMソフトの一つとして位置づけている。KAPシステムと各ソフト間のデータ交換には、従来の「DXF形式」を使っているものの、意匠設計から施工シミュレーション、さらには鉄骨の工場生産まで、BIMモデルのデータを一貫して活用することで生産性を高めるワークフローが完成しつつあると言えそうだ。

KAPシステムのウェブサイト(資料:片山ストラテック)
KAPシステムのウェブサイト(資料:片山ストラテック)