支店間でBIMの“QCサークル活動”も

 清水建設の支店は3つのグループに分かれている。千葉支店は北海道支店、東北支店、北陸支店、大阪支店と同じグループに属しており、このグループの支店が回り持ちで開催する小集団活動を通じて、BIMの活用ノウハウを他支店とも共有している。

 その結果、東北支店や北陸支店でも新規物件は100%施工図作成にBIMを活用しているという。「小集団活動には、若手の社員もどんどん参加させるようにしている。他支店の若手社員とのインフォーマルな交流による情報交換を通じて、BIM活用のノウハウ共有が進み、よい結果につながっている」と室井氏は語る。

清水建設千葉支店生産総合センター情報化施工図グループのメンバー(写真:家入龍太)
清水建設千葉支店生産総合センター情報化施工図グループのメンバー(写真:家入龍太)

 日本におけるBIMは、“日本のBIM元年”と言われた2009年以来、意匠設計を中心に普及が進んできたという面があるのは確かだ。しかし、清水建設千葉支店は、それより6年も前から3次元CADをBIMとして活用し、施工業務の効率化に取り組んできた。そして、設計施工一貫の建物では、本社の設計部門ともBIMの連携を行いながら、意匠設計から施工、そして工場での部材製作までBIMモデルを生かしたワークフローが実現しつつある。

 これは、建設と建材の連携がBIMによってより進んできたことを意味する。BIMによる本格的な生産性向上が、いよいよ見えてきたと言えそうだ。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。