PR

EVによる長距離ドライブをサポート

 EVは1回の充電で100km程度しか走れないため、長距離ドライブに出掛けるときは充電スポットの情報を不可欠だ。観光旅行に出掛けるとき、これまでは「充電スタンド情報」と「観光情報」をそれぞれ別のウェブサイトで調べ、自分でドライブプランを作る必要があった。

 そこで、デンソーコミュニケーションと日本ユニシスは、EVによるドライブ旅行を支援するため「EV観光プラットフォーム」を開発した。観光地図に充電スタンドを表示し、充電をスケジュールに入れた「ドライブプラン」が作れるというものだ。その第1弾として静岡県を対象にした「ふじのくにEV観光プラットフォーム」というサービスを開始した。

「ふじのくにEV観光プラットフォーム」のウェブサイト。地図を拡大すると観光スポットの情報とともに充電スタンドの位置(赤い円の部分)も表示される(資料:デンソーコミュニケーション、日本ユニシス)
充電スタンドのアイコンをクリックすると、営業時間や電圧タイプなどの詳細情報が表示される(資料:デンソーコミュニケーション、日本ユニシス)
「ふじのくにEV観光プラットフォーム」のウェブサイト。地図を拡大すると観光スポットの情報とともに充電スタンドの位置(赤い円の部分)も表示される(左)。充電スタンドのアイコンをクリックすると、営業時間や電圧タイプなどの詳細情報が表示される(右)(資料:デンソーコミュニケーション、日本ユニシス)

 このサイトは、デンソーコミュニケーションズが運営するドライブ情報サイト「びあはーる」と、日本ユニシスが運営するEVやPHV向けの充電インフラ情報サービス「smart oasis」が連携したものだ。こうした情報提供サービスが普及すれば、ドライバー側は充電スポットの場所が分かりやすくなり、EVで気軽に長距離ドライブに出掛けられるようになる。

 びあはーるでは、ウェブサイト上の地図で訪ねたい観光スポットを選び、ドラッグアンドドロップしていくと、カーナビのように自動的にドライブルートを作成し、「旅のしおり」を作ることができる。今回の連携で、観光スポットと同様に充電スタンドを扱えるようになったため、ドライブルートや旅のしおりに「充電」を組み込むことができるようになった。

「EV観光プラットフォーム」の情報連携イメージ(資料:デンソーコミュニケーション、日本ユニシス)
「EV観光プラットフォーム」の情報連携イメージ(資料:デンソーコミュニケーション、日本ユニシス)

 住宅メーカーやカー用品店などのビジネスチャンスも増えそうだ。スマートハウスのモデルルームやEV用品を扱うカー用品店が充電器を設置して、地図上で情報発信することにより、EVのユーザーをターゲットにした販売促進などを行える可能性がある。

 ガソリン車と違い、充電に数十分を要するEVならではのインフラ整備やビジネスモデルが、今後、いろいろと出てきそうだ。