PR

ケーブルなしで充電!将来は道路が充電器になる可能性も

 EVはこまめに充電する必要がある。ガソリンスタンドの給油装置のようなゴツいプラグを、クルマに差し込む作業をひんぱんに行うのは結構な負担になる。つい、充電を忘れてしまうこともありそうだ。

 そこで、いくつかの企業ではEVにケーブルをつながなくても充電できる非接触給電(ワイヤレス給電)システムの開発を進めてている。地上側には送電装置、車載側には受電装置を設ける。両方の装置の共振周波数を合わせておくと磁界共鳴を起こし、電気が空中を飛ぶようにしてEV側に伝わる仕組みだ。

 この装置が実用化されると、送電装置の上にEVを止めておくだけで充電できるようになる。ケーブルをつなぐ手間がなくなるので、短時間の駐車の間にも、こまめに充電できる。

出力3.3kWのワイヤレス給電評価機
試験用のEV
出力3.3kWのワイヤレス給電評価機(左)と試験用のEV(右)

例えば、IHIは2011年度、EV向けのワイヤレス給電技術の開発に着手し、様々な車種や蓄電池に適合可能な送電・受電装置の開発を進め、試験用のEVを製作してテストを行っている。3kWを超える電力を20cm離れて90%以上の効率で送電可能なことが実証された。

 三井ホームはこの装置を使った「非接触給電型電気自動車向けの戸建住宅用充電装置」の開発をIHIと共同で行っている。三井ホームが担当するのは、戸建住宅における宅内インフラの基準づくりや、太陽光発電システムや家庭用蓄電池と協調するHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)制御などの分野で研究開発だ。

 ワイヤレス給電システムが実用化すれば、道路にEVの充電装置を埋め込み、ケーブルなしで充電しながら走行できるようになるかもしれないとも言われている。そうなると、EVには「充電」という手間はなくなり、ガソリン車よりも燃料を気にせずに走れる乗り物になるだろう。EVを便利に使いながら、防災やゼロ・エミッション社会の実現に役立てる新しい時代を支えるためのインフラ構築は、建設業の新しいビジネスチャンスを生む可能性がある。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。