PR

トンネル建設、既設橋の維持管理などにBIMを活用

 例えば、ワシントン州シアトルでは、老朽化した高架橋を取り壊し、市街を貫く全長4マイル(約6.4km)のトンネルを新設する工事にBIMを活用している。建設ルートの地上や地下を3次元でモデル化し、地下に入り組んだ既設のトンネルやビルの基礎杭などを可視化し、設計・施工を行いやすくした。

 BIMによる設計の可視化は合意形成にも役立った。既存の高架橋が大地震に見舞われたとき高架橋や地上を走る道路が破壊していく様子をシミュレーションし、動画で分かりやすく関係者に説明したのだ。

シアトルのトンネルプロジェクトではBIMで地下の既設構造物をモデル化し、設計や施工を効率化した(左)。ジ老朽化した既設の高架橋が大地震で崩壊するシミュレーション動画は合意形成に役立った(右)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)
シアトルのトンネルプロジェクトではBIMで地下の既設構造物をモデル化し、設計や施工を効率化した(左)。ジ老朽化した既設の高架橋が大地震で崩壊するシミュレーション動画は合意形成に役立った(右)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)

 このほか、米国各地では道路の新設や橋の維持管理に、3次元モデルとGPS(全地球測位システム)を連動させた3Dマシンコントロールや3Dレーザースキャナーで計測した「点群データ」も活用されている。

盛り土や切り土の3次元モデルとGPSを組み合わせた3Dマシンコントロールによる施工例。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)
盛り土や切り土の3次元モデルとGPSを組み合わせた3Dマシンコントロールによる施工例。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)

 ある町に架かる橋の維持管理では、いろいろな角度からスキャニングした点群データを基に、任意の断面で切断して老朽化の状態を確認したり、図面を作ったりしている。

3Dレーザースキャナーで計測したある町の既設橋の点群データ (上段)。任意の断面で切断すると断面形状がよく分かる(中段)。点群を基に作成した断面図(下段)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)
3Dレーザースキャナーで計測したある町の既設橋の点群データ (上段)。任意の断面で切断すると断面形状がよく分かる(中段)。点群を基に作成した断面図(下段)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)

 3Dレーザースキャナーをクルマに積んで走行しながら計測する「モバイル・マッピング・システム」は、道路の路面形状の計測や周囲の電柱や電線、信号などをモデル化するのによく使われている。

モバイル・マッピング・システムで計測したある交差点の点群データ(左)。点群データを基に作成したBIMモデル(右)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)
モバイル・マッピング・システムで計測したある交差点の点群データ(左)。点群データを基に作成したBIMモデル(右)。ジョーンズ氏の講演中の画面より(写真:家入龍太)

 報告書にはこのほか、米国各地の空港やダム、運河や下水道施設、そして公園やレクリエーション施設などの事例も掲載しているので参照してほしい。

報告書にはパナマ運河改修事業におけるBIM活用事例も掲載されている(資料:McGraw-Hill Construction)
報告書にはパナマ運河改修事業におけるBIM活用事例も掲載されている(資料:McGraw-Hill Construction)