スマホとARとBIMが融合! 街案内まで広がる活用

 Revit用のアドオンソフトをインストールすると赤線内のボタンが現れる (資料:ペーパレススタジオジャパン)
Revit用のアドオンソフトをインストールすると赤線内のボタンが現れる (資料:ペーパレススタジオジャパン)

カーソルキー(←/→)でも操作できます