Visual City:埋設管を可視化し工事を効率化

 水道管や下水道管などの埋設管の敷設状況は、台帳などで管理されているものの、図面と異なっていることが多く、試掘してみないと実際の位置や深さが分からない。

 オーストラリアのメルボルンにある上下水道会社、サウス・イースト・ウオーター社(South East Water Limited)は、低圧下水道管の設計、施工、維持管理に「Visual City」というARシステムを導入。埋設されている配管から、木の根や建物の基礎、ファイバーケーブルなどの地下の状態を1つの3Dモデルにまとめた。

 AR機能によって、iPadなどの携帯端末を使ってこの3Dモデルを現場で見ることにより、これまで肉眼では見られなかった地下の施設や位置関係が可視化され、作業員は配管ルートの代替案や、より低コストの工法を見つけやすくなった。直観的な判断ができる3Dモデルで検討することにより、意思決定がスムーズに行えるようになったことで、工事は大幅に効率化されたという。

「Visual City」によりモデル化した地下の配管や木の根などの状態(image:courtesy of Nextspace)
「Visual City」によりモデル化した地下の配管や木の根などの状態(image:courtesy of Nextspace)

 Visual Cityは、ニュージーランドのネクストスペース社(Nextspace)が開発したシステムだ。これまで別々の資料で管理されてきたライフラインや都市のデータを1つの3Dモデルにまとめて管理するものだ。

 地図や図面、GIS、航空写真のほかセンサーやRFID、BIMモデル、点群データなど様々なデータを統合できる。地中レーダーによる計測結果や地質データ、遠隔センサーなどの情報も取り込むこともできる。これらの情報をまとめた3Dモデルは、いろいろな視点や角度で見ることができるほか、前述のように携帯端末によって現場の作業でも使える。

ARを使った情報可視化のイメージ(image:courtesy of Nextspace)
ARを使った情報可視化のイメージ(image:courtesy of Nextspace)

都市の可視化を前面に打ち出したNextspace社のウェブサイト(image:courtesy of Nextspace)
都市の可視化を前面に打ち出したNextspace社のウェブサイト(image:courtesy of Nextspace)