PR

彫刻や家具の造形でフル稼働

 筆者も2011年7月にイタリアを訪れ、D-SHAPEを開発したエンリコ・ディニ氏や兄のリカルド・ディニ氏に取材したことがある。(2011年8月10日の記事参照

 現場を訪れた時は、彫刻やイス、テーブルなどの家具を2台のD-SHAPEをフルに稼働させて作っていた。

D-SHAPEで造形した彫刻(左)や家具(右)(写真:家入龍太)
D-SHAPEで造形した彫刻(左)や家具(右)(写真:家入龍太)

 つい最近も、米国・カリフォルニア州の女性アーティスト、ヤッシー・マザンディ(Yassi Mazandi)氏がデザインした花の彫刻を造形したばかりだ。

D-SHAPEで花の彫刻を造形しているところ(左)。花の断面に沿って固化剤が散布されていることがわかる。造形終了後、固化していない材料を取り除いて姿を現した花の彫刻(右)(写真:Enrico Dini)
D-SHAPEで花の彫刻を造形しているところ(左)。花の断面に沿って固化剤が散布されていることがわかる。造形終了後、固化していない材料を取り除いて姿を現した花の彫刻(右)(写真:Enrico Dini)