大林組:BIMの属性情報を空調設計で使用

 建物のエネルギーシミュレーションを行う機能を備えたBIMソフトが増えてきている。とはいえ、その結果を法令に基づく評価にそのまま使うことは難しい。

 そこで大林組は、BIMモデルの情報と連携して、2013年4月に施行された改正省エネ法の「住宅・建築物の省エネルギー基準(2013年省エネ基準)」に基づくエネルギー評価を行う空調設計支援システム「BIMZONE-Σ」を開発した。

 2012年4月に建築設備技術者協会が公開した動的熱負荷計算・空調システム計算プログラム「NewHASP/ACLD」と、国土交通省などにより開発された「一次エネルギー消費量算定プログラム」の2種類のプログラムを使用することで、2013年省エネ基準に基づいたエネルギー評価を行うことができるようにした。

 「BIMZONE-Σ」はBIMモデルの属性情報から、外壁や窓の仕様や面積、空調機に関するデータを空調ゾーンごとに取り込み、これらのプログラムの入力データを作成するものだ。このシステムにより、建築物関連の入力作業時間は従来に比べて約50%削減できるようになったという。

BIMZONE-Σの画面イメージ(資料:大林組)
BIMZONE-Σの画面イメージ(資料:大林組)

 「BIMZONE-Σ」はBIMソフト上で動作する。簡単な操作で部屋の窓配置などの情報から空調ゾーンを自動設定し、建物の熱的特性や空調システム特性を考慮した空調ゾーンデータを統廃合編集できる。

 また、ゾーンごとに各種の面積が自動計算され、熱負荷計算用データ、一次エネルギー消費量算定用データが効率的に作成できるようになっている。

BIMと連携した空調設計支援システム「BIMZONE-Σ」の活用フロー(資料:大林組)
BIMと連携した空調設計支援システム「BIMZONE-Σ」の活用フロー(資料:大林組)

 大林組は2015年度末にはすべての設計施工プロジェクトでBIMを使うことを目指しており、10月1日には、従来のBIM推進室がPDセンターに改組された(「P」はProduct、「D」はDesign / Delivery / Digitalを意味する)。

 これまでのBIMは、3Dによるモデリングや図面作成で使われることが多く、肝心の属性情報の活用が進んでいなかった面がある。そのため“IのないBIM”とやゆされることも多かった。

 「BIMZONE-Σ」のようなシステムが今後、増えていくことで、様々な解析やシミュレーションを意識した属性情報の有効活用も進み、“IのあるBIM”へと進化していきそうだ。